不倫騒動乗り換え復活も 封印された斉藤由貴の“独占告白”

公開日:

 完全復活の様相だ。昨年8月、かかりつけ医師とのダブル不倫を報じられ、窮地に追い込まれたかに思われた斉藤由貴(51)。先週、フジテレビ系特別ドラマ「黒井戸殺し」(4月放送)で7カ月ぶりに復帰することが明らかになった。ほかにも年内公開の映画など、仕事のオファーがひっきりなしに来ているらしい。

「所属事務所の迅速な対応が功を奏した格好です。不倫発覚後、斉藤はすぐに釈明会見を開き、CMを降板。出演が決まっていた大河ドラマ『西郷どん』の出演も辞退しました。メディアから完全に姿を消し去ることで“ケジメ”を演出したのです」(芸能関係者)

 それでも事務所が不安を拭えないのが斉藤のバカ正直な性格だという。斉藤は釈明会見で「あの~」「えっと~」「はあ~」を連発し、報道陣をケムに巻いたが、最終的に相手に好意があることは認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る