• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不倫騒動乗り換え復活も 封印された斉藤由貴の“独占告白”

 完全復活の様相だ。昨年8月、かかりつけ医師とのダブル不倫を報じられ、窮地に追い込まれたかに思われた斉藤由貴(51)。先週、フジテレビ系特別ドラマ「黒井戸殺し」(4月放送)で7カ月ぶりに復帰することが明らかになった。ほかにも年内公開の映画など、仕事のオファーがひっきりなしに来ているらしい。

「所属事務所の迅速な対応が功を奏した格好です。不倫発覚後、斉藤はすぐに釈明会見を開き、CMを降板。出演が決まっていた大河ドラマ『西郷どん』の出演も辞退しました。メディアから完全に姿を消し去ることで“ケジメ”を演出したのです」(芸能関係者)

 それでも事務所が不安を拭えないのが斉藤のバカ正直な性格だという。斉藤は釈明会見で「あの~」「えっと~」「はあ~」を連発し、報道陣をケムに巻いたが、最終的に相手に好意があることは認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  6. 6

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る