不倫騒動乗り換え復活も 封印された斉藤由貴の“独占告白”

公開日:

 完全復活の様相だ。昨年8月、かかりつけ医師とのダブル不倫を報じられ、窮地に追い込まれたかに思われた斉藤由貴(51)。先週、フジテレビ系特別ドラマ「黒井戸殺し」(4月放送)で7カ月ぶりに復帰することが明らかになった。ほかにも年内公開の映画など、仕事のオファーがひっきりなしに来ているらしい。

「所属事務所の迅速な対応が功を奏した格好です。不倫発覚後、斉藤はすぐに釈明会見を開き、CMを降板。出演が決まっていた大河ドラマ『西郷どん』の出演も辞退しました。メディアから完全に姿を消し去ることで“ケジメ”を演出したのです」(芸能関係者)

 それでも事務所が不安を拭えないのが斉藤のバカ正直な性格だという。斉藤は釈明会見で「あの~」「えっと~」「はあ~」を連発し、報道陣をケムに巻いたが、最終的に相手に好意があることは認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る