てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

日常を大事に自由に “おばあさんの達人”樹木希林の死生観

公開日: 更新日:

「みんな、やりたがらないから、いっくらでも、おばあさんの役が来るの」(樹木希林テレビ朝日「徹子の部屋」5月16日放送)

 第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督の「万引き家族」。作品の中で、“一家”の家計を年金で支える祖母を演じているのが、樹木希林(75)だ。

 この作品もそうだが、樹木希林といえば、「おばあさん」役のイメージが強い。1974年の出世作「寺内貫太郎一家」(TBS)で、小林亜星が演じた貫太郎の実母に扮したとき、まだ30代で、しかも本人の発案だったというのは有名な話だ。そんな樹木が黒柳徹子に漏らした言葉を今週は取り上げたい。

「寺内貫太郎」のときは髪の毛の色を脱色。皺のない若い手を隠すため、手袋をして「おばあさん」役を演じた。そうした経験からだろう。彼女は「おばあさん」っぽく見せるのは「体型」だと看破している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る