• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

「万引き家族」パルムドール受賞が導く邦画実写作品の未来

 大快挙だ。是枝裕和監督の「万引き家族」が、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したことである。アジア映画としても画期的で、2000年以降では「ブンミおじさんの森」(タイ)に次いで2回目。中国や韓国の作品は1本もない。受賞はアジア圏全体が誇っていいことだ。

 家族がテーマだと聞いて思い出した監督が2人いた。小津安二郎と大島渚だ。2人は家族を描くのに両極端だった。小津監督は日本の家族そのものの姿を独特の様式美を通して描き続けた。大島監督は家族にこだわってきたわけではないが、社会との関係性を生々しく描いた傑作「少年」(1969年)を作った。

 重要なのは、是枝監督がどちらの系譜にくみするのかといった話ではない。受賞作だけではない是枝監督の独自な作風が、世界視野の最高の境地に立ち至ったことだ。彼が描く日本の家族像が普遍的な共感の度合いを強め、そこで提出された問題意識の共有にもつながった。それが凄いと思うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る