児島美ゆきライブに潜入「何十年も覚えていただいて幸せ」

公開日:

 テレビドラマの「ハレンチ学園」(1970年)では、スカートをめくられる十兵衛を演じて青少年のハートをわしづかみ、「北の国から」(81~82年)では、スナックのホステスこごみになり切り、そのシリアスな演技が高く評価された。芸能生活50年の児島美ゆき。誰もが名前と顔を知っているのに……彼女の40代、50代の記憶がない。でも、ここ数年は、いろいろな表現活動をスタートさせているという。中目黒「楽屋」での単独ライブに潜入して直撃した。

「長いお付き合いのシンガーであり、作曲家の濱田金吾さん(写真左)に『歌を本気でやってみよう』と言われて猛特訓を受け、思い切ってライブをやってみました。実は舞台やバラエティーのお仕事ができるようになったのは3、4年前からなんですよ。それまで?家にこもっていることが多かった。いつまでたっても、ハレンチ学園の十兵衛がイヤでしょうがなかった。でもね、齢を重ねながら<どんな役柄でも私のことを何十年も覚えていただいている幸せ>を実感して吹っ切れたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る