児島美ゆきライブに潜入「何十年も覚えていただいて幸せ」

公開日:

 テレビドラマの「ハレンチ学園」(1970年)では、スカートをめくられる十兵衛を演じて青少年のハートをわしづかみ、「北の国から」(81~82年)では、スナックのホステスこごみになり切り、そのシリアスな演技が高く評価された。芸能生活50年の児島美ゆき。誰もが名前と顔を知っているのに……彼女の40代、50代の記憶がない。でも、ここ数年は、いろいろな表現活動をスタートさせているという。中目黒「楽屋」での単独ライブに潜入して直撃した。

「長いお付き合いのシンガーであり、作曲家の濱田金吾さん(写真左)に『歌を本気でやってみよう』と言われて猛特訓を受け、思い切ってライブをやってみました。実は舞台やバラエティーのお仕事ができるようになったのは3、4年前からなんですよ。それまで?家にこもっていることが多かった。いつまでたっても、ハレンチ学園の十兵衛がイヤでしょうがなかった。でもね、齢を重ねながら<どんな役柄でも私のことを何十年も覚えていただいている幸せ>を実感して吹っ切れたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る