浅野忠信の父親 “億ション”暮らしで覚醒剤逮捕のきっかけ

公開日: 更新日:

 俳優・浅野忠信(44)の父親で芸能事務所「アノレ」の社長・佐藤幸久容疑者(68=東京都渋谷区)が、覚せい剤取締役法違反(使用)の疑いで警視庁渋谷署に逮捕された。

 佐藤容疑者は11月30日午前2時10分ごろ、渋谷区道玄坂2丁目の路上を歩いているところを、パトロール中の警察官から職務質問をかけられた。その際、使用済みのガラスのパイプを所持していたため、渋谷署に同行し、尿検査をしたところ、覚せい剤の陽性反応が出たという。その他にも、11月中旬~30日にかけて覚せい剤を使用した疑いが持たれている。

 佐藤容疑者は調べに対し「自らの意思で使ったことは間違いありません」と容疑を認めているという。

「佐藤容疑者は当時、明らかに薬物を使用して挙動不審だったというわけではなく、目を逸らしたとか、ふとした動きに警察官が反応し、職質をかけたようです。道玄坂といえば、これまで歌手の清水健太郎や、酒井法子の元夫の高相祐一、元KAT-TUNの田中聖(不起訴)らが逮捕された薬物取り締まりの“重点区”です。慣れた警察官なら、ちょっとした動きで怪しいかどうか見破れる。それで声を掛けたら、読みが当たったというわけです。ただ、まさか大物俳優の父親とは思いもせず、本人から身元を聞き、驚いたそうです。ガラスパイプはポケットではなく、ズボンの内側に隠していました」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  7. 7

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る