碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

浅野忠信はハマリ役 ドラマ「刑事ゆがみ」の適当な刑事

公開日: 更新日:

 ドラマにはさまざまなタイプの刑事が登場する。中には「特殊能力」を持つ刑事も多い。死者と対話できたり、他者の意識にシンクロしてみたり。その点、「刑事ゆがみ」で浅野忠信が演じている、弓神適当に摩訶不思議な能力はない。見た目はむさ苦しく、名前の通り何事にも適当。何より超が付くひねくれ者だ。

 しかし、適当な印象と威圧感のない話術は容疑者を油断させる。また、ひねくれ者だからこそ他の刑事たちとは違う見方ができるし、そこから事件解決の糸口が見つかっていく。浅野は3年前の「ロング・グッドバイ」(NHK)における私立探偵と並ぶハマリ役だ。そんな弓神のパートナーが羽生虎夫(神木隆之介、好演)。日常業務を押しつけられたり、勝手な行動に振り回されたりしているが、弓神の“隠れ敏腕”ぶりに一目置いているのも事実だ。

 先週の第5話で注目したのは、7年前に弓神がかかわった異様な殺人事件に触れていたこと。犯人とされた小説家は焼身自殺したが、今も多くの謎が残ったままだ。またこの事件は、陰で弓神のサポートをしている謎のハッカー、ヒズミ(山本美月)とも関係があるらしい。ヒズミという女性は、井浦秀夫の原作漫画には登場しないキャラクターだ。彼女の正体と共に、過去の事件にも新たなスポットが当たりそうで目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る