• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

関ジャニ安田の病気公表に見る ジャニーズ情報戦略の転換

投稿日:

 人気グループ「関ジャニ∞」のメンバー、安田章大(33)が、今年4月に胸椎と腰椎を骨折していたことと、昨年、脳腫瘍の一種「髄膜腫」のために開頭手術を受けていたことを発表した。人気アイドルが、その病歴をわざわざ明らかにするというのは異例で、こちらもビックリしたものだ。

 骨折を明らかにしたのには意味がある。関ジャニ∞は、この15日から全国ドームツアーがスタートしてコンサート活動が続くことになっている。現状の安田についてジャニーズ関係者に聞くと、「ギター演奏はやっているし、歌も歌えている。ただ、飛んだり跳ねたりできないし、走ったりもできない」という答え。激しいパフォーマンスをする関ジャニ∞のステージで、ギターを弾きながら歌うだけでは明らかにおかしいとわかってしまうので、事前にキチンと説明しておいた方がいいという意味だ。

 実は安田がケガをしたということは、我々には知らされていた。4月にメンバーのひとりで、メインボーカリストだった渋谷すばる(36)が関ジャニ∞を脱退し、ジャニーズ事務所を退所することが明らかになり、メンバー全員で記者会見したのだが、安田だけが欠席している。その会見の1週間前に安田が自宅で転倒して腰を強く打ったと説明されていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る