歌手・島津亜矢さんが語る 東京オペラシティに立った緊張

公開日:

演歌歌手として初めて

 幼少から数々の大会でグランプリを獲得、「天才少女」として注目を浴びた島津亜矢さん(47)。最近は昭和の名曲から歌謡曲、浪曲、洋楽までカバーし幅広いジャンルにチャレンジして活躍中だ。秘蔵写真は昨年クラシックの殿堂、東京オペラシティで演歌歌手として初めてコンサートを開いた時の一枚。

 ◇  ◇  ◇

「東京オペラシティは96年の竣工以来、演歌歌手がステージに立ったことはありませんでした。オペラシティですから当然のことだと思います。ところが、おかげさまで昨年、演歌歌手として初めてコンサートを開くことができました。もちろん曲目は演歌以外。1曲目はホイットニー・ヒューストンも歌った『I will always love you』で、マイクなし、アカペラで歌いました。それから『地上の星』『最後の雨』……。バンドも違う、お客さまも違う、すべてが違う中で歌ったのでとにかく緊張の連続。大汗をかき、上がらないように足元だけを見て歌いました。あまりの緊張で、いつものコンサートよりも長く感じましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る