歌手・島津亜矢さんが語る 東京オペラシティに立った緊張

公開日: 更新日:

演歌歌手として初めて

 幼少から数々の大会でグランプリを獲得、「天才少女」として注目を浴びた島津亜矢さん(47)。最近は昭和の名曲から歌謡曲、浪曲、洋楽までカバーし幅広いジャンルにチャレンジして活躍中だ。秘蔵写真は昨年クラシックの殿堂、東京オペラシティで演歌歌手として初めてコンサートを開いた時の一枚。

 ◇  ◇  ◇

「東京オペラシティは96年の竣工以来、演歌歌手がステージに立ったことはありませんでした。オペラシティですから当然のことだと思います。ところが、おかげさまで昨年、演歌歌手として初めてコンサートを開くことができました。もちろん曲目は演歌以外。1曲目はホイットニー・ヒューストンも歌った『I will always love you』で、マイクなし、アカペラで歌いました。それから『地上の星』『最後の雨』……。バンドも違う、お客さまも違う、すべてが違う中で歌ったのでとにかく緊張の連続。大汗をかき、上がらないように足元だけを見て歌いました。あまりの緊張で、いつものコンサートよりも長く感じましたね」

 この時の楽曲は演歌以外をカバーしたアルバム「SINGER」シリーズの4作目を中心に構成したもの。演歌以外の歌を歌うようになったのは、星野哲郎が作詞してヒットした「愛染かつらをもう一度」(91年)がキッカケだった。

「私はド演歌が大好きなので、力強く歌うのが演歌と信じて胸を張って歌ってきました。そんな中で新しい風を吹き込んでくれたのは星野先生が書いてくださった『愛染かつらをもう一度』です。
 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日