• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デビュー作は「SMAP」6人の幻の映画 漫画家・大島司の原点

「シュート!」はSMAPがそろって出演した唯一の作品に

 1990年からサッカー漫画「シュート!」を連載し累計5000万部の大ヒット。テレビアニメ化や映画化もされ、映画はSMAP主演で実写化された。そんな人気作を生んだ漫画家・大島司さんが「自身の原点」と語るのは、中学時代に黒板に描いた絵だ。

  ◇  ◇  ◇

 これは町立大須賀中学3年のとき、教室の後ろの黒板に水彩絵の具か何かで描いたものです。「全中大会」という中学対抗のスポーツ大会の地区予選のときに盛り上がり、クラスのみんなに「描いて」と言われて。クラスメートには“絵がうまい子”と思われていたので、毎年、大会の時期に描いていましたね。終わったら消してしまうし、写真なんてあんまり撮らないから、残っているのはこの一枚。ずっとスポーツ漫画を描いている私にとって原点のような一枚です。ひたすら楽しくて描いていたことを懐かしく思い出しますね。当時はバレー部に所属し、漫画ばかり描いてたわけじゃないですけど。

 ただ、小学生の頃には「漫画家になりたい」と思っていました。中学3年の部活動引退後には少女漫画誌「なかよし」の新人賞に投稿、入賞していましたね。でも、少女漫画にふさわしくないスポーツ漫画を投稿するもんだから、そのうち入賞しなくなって。それで、同じ講談社の少年漫画誌「週刊少年マガジン」新人賞にバレーボール漫画「チーム」を投稿したところ、一番下の選外佳作に入って編集者がついたんです。高校を卒業し、「東京デザイナー学院」のアニメーション科に進んだ頃ですね。

 ここを卒業してすぐ、「シュート!」でデビューしました。「マガジン」で13年連載し、単行本は全68巻、5000万部が出ました。ラッキーでしたね。目をかけてくれた編集者の力が大きかったと思います。読者から「『シュート!』を読んでサッカーを始めました」なんて手紙をもらうとうれしかったなぁ。

腰が低く気を使っていた中居クン

 SMAPで映画になったときも「ラッキー!」って。当時のSMAPは、キムタク(木村拓哉)とゴローちゃん(稲垣吾郎)が人気があったように思います。でも、何といってもジャニーズ事務所ですからね。女子にも「シュート!」を知ってもらえました。

 打ち上げではメンバー全員とお会いしましたけど、中居クンなんて腰が低いし、周りに気を使うし、「一緒に写真撮ってもいいですか」とお願いしたら「いいですよ!」って、親指を立てながら笑顔で写真に納まってくれました。解散騒動には驚きましたが、脱退した森且行クンを含め、全員が揃って出演した映画は「シュート!」だけ。いい記念になりました。

 連載の後半はかなり疲れていましたね。朝起きて夜寝るまで、お風呂やトイレ以外は、ずーっと机に向かって描き続ける生活だったんです。長年の疲れがたまり、漫画を描くテンションが下がり、そのうえ編集者が代わって感覚が合わなくなるし……。

 2006年からは新潮社の「週刊コミックバンチ」でバレーボール漫画「アタック!!」の連載を始め、昨年2月から双葉社の「漫画アクション」で連載を再開。その間、5年ほどブランクがありました。「バンチ」が休刊したからですが、正直、いいきっかけでしたね。ときおり漫画のことを考えたり、読み切りを描いたりもしたけど続かず、ただボンヤリしていました。好きなことを職業にしたのにこんなにつらいなんて、と思ったり。

 そんなとき、アルバムをひっくり返していて見つけたのがこの写真。描けるだけで楽しかった、当時の思いがよみがえりましたね。

 相変わらず描くのは大変ですが、それは自分にできる最高の表現にチャレンジしているから。掛川の子たちがバレーを通してどう成長できるか、自分でも楽しみにしながら「アタック!!」を描いています。

▽おおしま・つかさ 1970年、静岡県生まれ。90年、サッカー漫画「シュート!」でデビュー。06年からバレーボール漫画「アタック!!」を連載。休載を経て15年2月、「アタック!!~約束のコート~」のタイトルで連載再開。単行本第2巻が発売中だ。2月14日まで「シュート!」「アタック!!」の舞台となった静岡・掛川で原画展開催。16年から掛川市のふるさと大使を務める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る