てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

喜び感じながら新たな体験を引き寄せる 土屋太鳳の魅力

公開日:

「なかなか、ない体験なので、鍛えられる感じ」(土屋太鳳/TBS「バナナマンのせっかくグルメ!!」7月8日放送)

 地元の人に聞き込みながら、教えてくれた絶品ご当地グルメを食べるというロケにバナナマンの日村勇紀と参加した土屋太鳳(23)。慣れないロケにもかかわらず、日村と別れ、一人旅になっても笑顔を絶やさず、地元の人たちと触れ合っていた。そんな彼女が楽しそうに漏らした感想が今週の言葉だ。

 一緒に旅した日村は、土屋の大ファンと公言するひとりだ。3年前のNHK朝ドラ「まれ」を見て、その魅力の「とりこ」になったという彼は、土屋のブログを読むことが日々の唯一の楽しみだと語っていた。現在は自身のインスタグラムと連動した形になっているが、当初は、他の一般的な芸能人ブログと一線を画した丁寧で長文の文章が特徴的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る