てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

喜び感じながら新たな体験を引き寄せる 土屋太鳳の魅力

公開日: 更新日:

「なかなか、ない体験なので、鍛えられる感じ」(土屋太鳳/TBS「バナナマンのせっかくグルメ!!」7月8日放送)

 地元の人に聞き込みながら、教えてくれた絶品ご当地グルメを食べるというロケにバナナマンの日村勇紀と参加した土屋太鳳(23)。慣れないロケにもかかわらず、日村と別れ、一人旅になっても笑顔を絶やさず、地元の人たちと触れ合っていた。そんな彼女が楽しそうに漏らした感想が今週の言葉だ。

 一緒に旅した日村は、土屋の大ファンと公言するひとりだ。3年前のNHK朝ドラ「まれ」を見て、その魅力の「とりこ」になったという彼は、土屋のブログを読むことが日々の唯一の楽しみだと語っていた。現在は自身のインスタグラムと連動した形になっているが、当初は、他の一般的な芸能人ブログと一線を画した丁寧で長文の文章が特徴的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る