• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

「整いました!」の掛け声から始まる“即興なぞかけ”で2010年、流行語大賞トップテン入りするほどの一大ブームを巻き起こした、お笑い芸人のねづっちさん。あれから約8年、今どうしているのか?

■ユーチューブにネタ動画1800本公開

 ねづっちさんに会ったのは浅草の演芸場「東洋館」。おなじみの蝶ネクタイに赤いチェックのジャケット姿だ。失礼ながら、さっそく即興なぞかけをお願いしてみた。すると、すぐさま「日刊ゲンダイとかけて、腹の据わった人と解きます。その心は」と、こう整えた。

「勇敢(夕刊)でなくてはなりません」

 さすが。腕前は健在だ。

 04年から木曽さんちゅうさん(47)と結成したお笑いコンビ「Wコロン」は15年3月に解散。ねづっちさんは現在、ピン芸人として活動している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る