元プロボクサー薬師寺保栄さん 筋トレ重ねマッチョマンに

公開日:

 華麗な足さばきと鋭い右ストレートを武器に、1990年代前半のプロボクシング界を席巻した元WBC世界バンタム級チャンピオンの薬師寺保栄さん(49)。94年12月には、好戦的なファイトスタイルとビッグマウスで熱狂的人気を誇った“浪速のジョー”辰吉丈一郎さん(48)との激闘を制し、ファンを魅了した。さて、今どうしているのか。

 取材で訪れたのは名古屋市営地下鉄・新栄町駅から徒歩5分の薬師寺ボクシングジム。待つこと数分、「ごめんごめん!」と言いながら、洗濯物を抱えた薬師寺さんが現れた。肌は黒光りし、カラダは筋骨隆々だ。

「僕がボテボテに太っていたら誰もジムに来ないと思うんです。現役時代は6、7キロ減量し、バンタム級の53・5キロで試合に臨んでいましたが、今は、当時禁止されていた筋トレをやってます。体重70~71キロで体脂肪率14%くらい。3年前には、ボディービル大会への出場をオファーされました。でも『減量して65キロの階級で出ましょう』と言われて『絶対やらん!』って断りましたよ。減量なんて、二度としたくないですね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る