• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元プロボクサー薬師寺保栄さん 筋トレ重ねマッチョマンに

 華麗な足さばきと鋭い右ストレートを武器に、1990年代前半のプロボクシング界を席巻した元WBC世界バンタム級チャンピオンの薬師寺保栄さん(49)。94年12月には、好戦的なファイトスタイルとビッグマウスで熱狂的人気を誇った“浪速のジョー”辰吉丈一郎さん(48)との激闘を制し、ファンを魅了した。さて、今どうしているのか。

 取材で訪れたのは名古屋市営地下鉄・新栄町駅から徒歩5分の薬師寺ボクシングジム。待つこと数分、「ごめんごめん!」と言いながら、洗濯物を抱えた薬師寺さんが現れた。肌は黒光りし、カラダは筋骨隆々だ。

「僕がボテボテに太っていたら誰もジムに来ないと思うんです。現役時代は6、7キロ減量し、バンタム級の53・5キロで試合に臨んでいましたが、今は、当時禁止されていた筋トレをやってます。体重70~71キロで体脂肪率14%くらい。3年前には、ボディービル大会への出場をオファーされました。でも『減量して65キロの階級で出ましょう』と言われて『絶対やらん!』って断りましたよ。減量なんて、二度としたくないですね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る