てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

誰にでもハートさらけ出し…出川哲朗が突破した芸能界の壁

公開日: 更新日:

「ハートで動く人なんですよ!」(出川哲朗テレビ東京「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」7月14日放送)

 電動バイクで地元の人たちに充電をしてもらいながら旅をする出川哲朗(54)のゴールデン初の冠番組。そのスペシャルゲストに、まさかの明石家さんまが登場した。お正月特番「さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかSP」(TBS)のエンディングで、出川が「ぜひ、出てください」とお願いしたことがきっかけだった。

 もちろん、出川も冗談半分で言ったのだろう。何しろ、相手は明石家さんまである。だが、本当に出てくれたのだ。まさに「神対応」。さんまにとっては、ほとんどメリットのない番組にもかかわらず、出てくれたさんまについて語った出川の言葉を今週は取り上げたい。

 出川とさんまといえば、あまりにも有名な逸話がある。2005年11月12日放送の「恋のから騒ぎ」(日本テレビ)でのことだ。その日、新人として登場した22歳の女子大生。さんまが彼女に将来の夢を尋ねると「二流タレント」になりたいという答え。それにすかさず「一流は目指さへんの?」とさんまが言うと、「二流のトップ」がいいと返す。「二流のトップって誰やねん?」と笑いながら言うさんまに彼女は「出川さん」と即答した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る