てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

誰にでもハートさらけ出し…出川哲朗が突破した芸能界の壁

公開日: 更新日:

「ハートで動く人なんですよ!」(出川哲朗/テレビ東京「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」7月14日放送)

 電動バイクで地元の人たちに充電をしてもらいながら旅をする出川哲朗(54)のゴールデン初の冠番組。そのスペシャルゲストに、まさかの明石家さんまが登場した。お正月特番「さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかSP」(TBS)のエンディングで、出川が「ぜひ、出てください」とお願いしたことがきっかけだった。

 もちろん、出川も冗談半分で言ったのだろう。何しろ、相手は明石家さんまである。だが、本当に出てくれたのだ。まさに「神対応」。さんまにとっては、ほとんどメリットのない番組にもかかわらず、出てくれたさんまについて語った出川の言葉を今週は取り上げたい。

 出川とさんまといえば、あまりにも有名な逸話がある。2005年11月12日放送の「恋のから騒ぎ」(日本テレビ)でのことだ。その日、新人として登場した22歳の女子大生。さんまが彼女に将来の夢を尋ねると「二流タレント」になりたいという答え。それにすかさず「一流は目指さへんの?」とさんまが言うと、「二流のトップ」がいいと返す。「二流のトップって誰やねん?」と笑いながら言うさんまに彼女は「出川さん」と即答した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る