てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

誰にでもハートさらけ出し…出川哲朗が突破した芸能界の壁

公開日:

「ハートで動く人なんですよ!」(出川哲朗/テレビ東京「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」7月14日放送)

 電動バイクで地元の人たちに充電をしてもらいながら旅をする出川哲朗(54)のゴールデン初の冠番組。そのスペシャルゲストに、まさかの明石家さんまが登場した。お正月特番「さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかSP」(TBS)のエンディングで、出川が「ぜひ、出てください」とお願いしたことがきっかけだった。

 もちろん、出川も冗談半分で言ったのだろう。何しろ、相手は明石家さんまである。だが、本当に出てくれたのだ。まさに「神対応」。さんまにとっては、ほとんどメリットのない番組にもかかわらず、出てくれたさんまについて語った出川の言葉を今週は取り上げたい。

 出川とさんまといえば、あまりにも有名な逸話がある。2005年11月12日放送の「恋のから騒ぎ」(日本テレビ)でのことだ。その日、新人として登場した22歳の女子大生。さんまが彼女に将来の夢を尋ねると「二流タレント」になりたいという答え。それにすかさず「一流は目指さへんの?」とさんまが言うと、「二流のトップ」がいいと返す。「二流のトップって誰やねん?」と笑いながら言うさんまに彼女は「出川さん」と即答した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る