53歳乳がんで死去…さくらももこさん 知られざる極秘闘病

公開日:  更新日:

「極秘でがんとの闘病を続けていましたが、病状を知っていたのは親族や極めて親しい仲間や関係者のみ。通夜や葬儀は密葬。関係各所への連絡が終わったうえでの発表となりました」(出版関係者)

「ちびまる子ちゃん」の作者で知られる漫画家・さくらももこさんが今月15日に乳がんのため亡くなっていたことが明らかになった。享年53。あまりにも若すぎる死にファンや作家仲間は悲嘆に暮れている。

 静岡県清水市(現静岡市清水区)出身。1984年、短大時代に漫画家としてデビュー。86年から月刊漫画誌「りぼん」で、自身の少女時代をモデルにした「ちびまる子ちゃん」の連載をスタート。90年からはアニメも始まり、漫画は累計3200万部以上を記録する国民的ベストセラーとなった。

「作家仲間とも深い親交があり、小説家の吉本ばななさんや『ワンピース』の尾田栄一郎さんとはとくに親しかった。私生活では『りぼん』の編集者と結婚し、1男を設けましたが後に離婚。イラストレーターと再婚しました。家族仲は良好で、まるちゃんの家族のようなほのぼのした家庭だったそうです」(前出の出版関係者)

 アニメ版でまる子の声を務めたTARAKOさんは「『ご冥福を』とか言えないです。ただただ、頭の中がぐちゃぐちゃです、はい」「ももこ先生は『ありがとう』しかない恩人です」とコメントを発表。平成最後の夏に、古き良き昭和を象徴する“まるちゃん”一家の作者が泉下の人となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る