• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

53歳乳がんで死去…さくらももこさん 知られざる極秘闘病

投稿日:  更新日:

「極秘でがんとの闘病を続けていましたが、病状を知っていたのは親族や極めて親しい仲間や関係者のみ。通夜や葬儀は密葬。関係各所への連絡が終わったうえでの発表となりました」(出版関係者)

「ちびまる子ちゃん」の作者で知られる漫画家・さくらももこさんが今月15日に乳がんのため亡くなっていたことが明らかになった。享年53。あまりにも若すぎる死にファンや作家仲間は悲嘆に暮れている。

 静岡県清水市(現静岡市清水区)出身。1984年、短大時代に漫画家としてデビュー。86年から月刊漫画誌「りぼん」で、自身の少女時代をモデルにした「ちびまる子ちゃん」の連載をスタート。90年からはアニメも始まり、漫画は累計3200万部以上を記録する国民的ベストセラーとなった。

「作家仲間とも深い親交があり、小説家の吉本ばななさんや『ワンピース』の尾田栄一郎さんとはとくに親しかった。私生活では『りぼん』の編集者と結婚し、1男を設けましたが後に離婚。イラストレーターと再婚しました。家族仲は良好で、まるちゃんの家族のようなほのぼのした家庭だったそうです」(前出の出版関係者)

 アニメ版でまる子の声を務めたTARAKOさんは「『ご冥福を』とか言えないです。ただただ、頭の中がぐちゃぐちゃです、はい」「ももこ先生は『ありがとう』しかない恩人です」とコメントを発表。平成最後の夏に、古き良き昭和を象徴する“まるちゃん”一家の作者が泉下の人となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る