田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

こまやかな心配りも…一世を風靡した名力士の“玉にキズ”

公開日: 更新日:

「あら、まげを切った方がすてきじゃない?」

 土俵で一時代を築いたその人とちゃんとお話したのは彼がまげを切った直後のことでした。色白の女性が好みで、同じ北海道出身ということもあり、意気投合。お付き合いしてみると、武骨なイメージとは異なり、プレゼントを欠かさないとてもこまやかな人でした。

 職業柄“初日”を大事にしていて、1日にはスポンサーを連れて来店し、よく着物の反物をプレゼントしてくれました。毎月1日は新調した服で店に出なければいけない日なので、和装の私は結構なお金がかかるのですが、いつの間にか頂いた反物を翌月には着物に仕立てて店に出ることが常になっていました。それ以外にもお花をくれたり、こまやかな心配りのある方で、見た目とのギャップに余計に感動したのでした。

 ただひとつ閉口したことに、彼はペニスに真珠を入れていました。真珠なんて異物感しかありませんし、クスリで無理やり立たせたペニスも快感からはほど遠い。女性は男性の自尊心を傷つけないよう気持ちいいフリをしているだけなのですが……。正面からぶつかる技には長けていたのに、なぜかこういうところは曲がってしまうのかしら、と思っていました。彼とは数年続きましたが、引退して部屋を持とうとしていたところだったので、結婚する気のない私と疎遠になってすぐ、他の女性と結婚されました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る