田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

こまやかな心配りも…一世を風靡した名力士の“玉にキズ”

公開日:

「あら、まげを切った方がすてきじゃない?」

 土俵で一時代を築いたその人とちゃんとお話したのは彼がまげを切った直後のことでした。色白の女性が好みで、同じ北海道出身ということもあり、意気投合。お付き合いしてみると、武骨なイメージとは異なり、プレゼントを欠かさないとてもこまやかな人でした。

 職業柄“初日”を大事にしていて、1日にはスポンサーを連れて来店し、よく着物の反物をプレゼントしてくれました。毎月1日は新調した服で店に出なければいけない日なので、和装の私は結構なお金がかかるのですが、いつの間にか頂いた反物を翌月には着物に仕立てて店に出ることが常になっていました。それ以外にもお花をくれたり、こまやかな心配りのある方で、見た目とのギャップに余計に感動したのでした。

 ただひとつ閉口したことに、彼はペニスに真珠を入れていました。真珠なんて異物感しかありませんし、クスリで無理やり立たせたペニスも快感からはほど遠い。女性は男性の自尊心を傷つけないよう気持ちいいフリをしているだけなのですが……。正面からぶつかる技には長けていたのに、なぜかこういうところは曲がってしまうのかしら、と思っていました。彼とは数年続きましたが、引退して部屋を持とうとしていたところだったので、結婚する気のない私と疎遠になってすぐ、他の女性と結婚されました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る