田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

こまやかな心配りも…一世を風靡した名力士の“玉にキズ”

公開日: 更新日:

「あら、まげを切った方がすてきじゃない?」

 土俵で一時代を築いたその人とちゃんとお話したのは彼がまげを切った直後のことでした。色白の女性が好みで、同じ北海道出身ということもあり、意気投合。お付き合いしてみると、武骨なイメージとは異なり、プレゼントを欠かさないとてもこまやかな人でした。

 職業柄“初日”を大事にしていて、1日にはスポンサーを連れて来店し、よく着物の反物をプレゼントしてくれました。毎月1日は新調した服で店に出なければいけない日なので、和装の私は結構なお金がかかるのですが、いつの間にか頂いた反物を翌月には着物に仕立てて店に出ることが常になっていました。それ以外にもお花をくれたり、こまやかな心配りのある方で、見た目とのギャップに余計に感動したのでした。

 ただひとつ閉口したことに、彼はペニスに真珠を入れていました。真珠なんて異物感しかありませんし、クスリで無理やり立たせたペニスも快感からはほど遠い。女性は男性の自尊心を傷つけないよう気持ちいいフリをしているだけなのですが……。正面からぶつかる技には長けていたのに、なぜかこういうところは曲がってしまうのかしら、と思っていました。彼とは数年続きましたが、引退して部屋を持とうとしていたところだったので、結婚する気のない私と疎遠になってすぐ、他の女性と結婚されました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る