田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

お付き合いしたプロ野球選手で一番最低だった“巨人キラー”

公開日:

 今日はお付き合いしたプロ野球選手で最低だったあの人のことを。もう鬼籍に入られましたから、少しはお話ししてもよろしいでしょう。

 お付き合いしたのは私が27、28歳。「姫」でナンバーワンになった頃で、試合で東京に来るとタニマチと店に来て、店の仕事が終わると彼の宿泊先に行くのがルーティンでした。ある時、ホテルに行くと仏頂面で指輪をくれました。倹約家の彼にとってはかなり高額のプレゼントだったようです。それに気づいたのはずいぶん経ってからのこと。今思えば私も調子に乗っていました。

「あら、私のこと好きだったの?」

 そう言ったとたんに烈火のごとく怒りだし、

「好きだったとは何だ!」

 と言って、ホテルの窓から中庭の日本庭園に向かって指輪を放り投げたのでした。現役時代は“巨人キラー”と呼ばれた名投手の投げた指輪を捜せるはずはなく、そのまま……。その後すぐ同じ店の女の子と付き合いだし、店でイチャイチャするように。私との関係は内緒にしていたのに、私への当てつけなのは明らかでした。いい男は別れた女にも優しいものですが、これほど了見の狭い人は今まで会ったことはありませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る