• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

点数は1000点 渡辺淳一作品モデルになったセックスの天才

 一夜限りの出会いを含め、たくさんの経験を重ねた中でセックスの悦楽を教えてくれたのはこの人だけといえる、セックスの天才のお話を。

 歌手をしていたその人は、私と付き合う前は美人タレント姉妹の妹さんと結婚していました。そんな彼が私の店に来た時にカラオケがうまかったので閉店後の店を貸して営業するようになったのが付き合うきっかけでした。冬の夜、初めて私の部屋に来た彼はベッドに入るなり、「こんなに足が冷えて……」と足元に潜り込み、私の足を抱いて温めてくれたのです。冷え性で足が冷たいのはいつものことで、他の男性からは嫌がられるほど。温めてくれたことなんてありませんでした。私の体は感度が増し、いつもの演技でイッてるフリをしている自分とは違う、今まで体験したことのないもう昇天しそうなほどの快感……心と体をわしづかみにされました。一番上手だった男性を挙げるなら、今でも彼が一番。点数にするなら、彼が1000点なら2位が100点、そのくらいずばぬけた存在です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「安倍3選」という「終わりの始まり」<中>

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る