田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

イケメン俳優との一夜…銀座で一旗揚げたいと思う原点に

公開日: 更新日:

 ホステスになったのは18歳のときでした。見習美容師として地元・札幌の美容院で働き始めると、毎日セットに来るのは、すすきので働くホステスさんたちでした。

「今、女の子が足りないのよ! 仕事終わってからでいいからアルバイトに来ない?」

 きらびやかで、私みたいな新人にもお小遣いをくれる憧れのお姉さんたちに言われたら心が揺らぐのは至極当然でした。しかも、美容師の卵なんてたいしたお給料はいただけませんから、アルバイトは魅力的でした。そして、いざデビューしてみたら、時給はいいし、チップはもらえる、いつしかアルバイトは本業になり、店でナンバーワンのホステスになっていました。

 当時大ファンだったのは今村昌平監督作品でも常連の俳優さん。彼の名前を使ったギャグでも有名になったあの方です。ルックスはもちろん、声もすてきで、どんな人がタイプ? と聞かれたらいつも彼と答えていました。たまたま懸賞で「銀座のマキシム・ド・パリで一緒に食事ができる」というのがあり、いちるの望みをかけて応募したらなんと当選。旅費は自腹でも、彼に会えるなら行くしかない。どうせ泊まるなら銀座、とホテル西洋銀座を予約し、初めて上京したのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る