田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

イケメン俳優との一夜…銀座で一旗揚げたいと思う原点に

公開日: 更新日:

 ホステスになったのは18歳のときでした。見習美容師として地元・札幌の美容院で働き始めると、毎日セットに来るのは、すすきので働くホステスさんたちでした。

「今、女の子が足りないのよ! 仕事終わってからでいいからアルバイトに来ない?」

 きらびやかで、私みたいな新人にもお小遣いをくれる憧れのお姉さんたちに言われたら心が揺らぐのは至極当然でした。しかも、美容師の卵なんてたいしたお給料はいただけませんから、アルバイトは魅力的でした。そして、いざデビューしてみたら、時給はいいし、チップはもらえる、いつしかアルバイトは本業になり、店でナンバーワンのホステスになっていました。

 当時大ファンだったのは今村昌平監督作品でも常連の俳優さん。彼の名前を使ったギャグでも有名になったあの方です。ルックスはもちろん、声もすてきで、どんな人がタイプ? と聞かれたらいつも彼と答えていました。たまたま懸賞で「銀座のマキシム・ド・パリで一緒に食事ができる」というのがあり、いちるの望みをかけて応募したらなんと当選。旅費は自腹でも、彼に会えるなら行くしかない。どうせ泊まるなら銀座、とホテル西洋銀座を予約し、初めて上京したのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る