• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

イケメン俳優との一夜…銀座で一旗揚げたいと思う原点に

 ホステスになったのは18歳のときでした。見習美容師として地元・札幌の美容院で働き始めると、毎日セットに来るのは、すすきので働くホステスさんたちでした。

「今、女の子が足りないのよ! 仕事終わってからでいいからアルバイトに来ない?」

 きらびやかで、私みたいな新人にもお小遣いをくれる憧れのお姉さんたちに言われたら心が揺らぐのは至極当然でした。しかも、美容師の卵なんてたいしたお給料はいただけませんから、アルバイトは魅力的でした。そして、いざデビューしてみたら、時給はいいし、チップはもらえる、いつしかアルバイトは本業になり、店でナンバーワンのホステスになっていました。

 当時大ファンだったのは今村昌平監督作品でも常連の俳優さん。彼の名前を使ったギャグでも有名になったあの方です。ルックスはもちろん、声もすてきで、どんな人がタイプ? と聞かれたらいつも彼と答えていました。たまたま懸賞で「銀座のマキシム・ド・パリで一緒に食事ができる」というのがあり、いちるの望みをかけて応募したらなんと当選。旅費は自腹でも、彼に会えるなら行くしかない。どうせ泊まるなら銀座、とホテル西洋銀座を予約し、初めて上京したのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る