二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

安室の代わりはいないがママタレの代わりは次々と現れる

公開日: 更新日:

モーニング娘。」が誕生して丸20年が経つ。「脱退」「卒業」と呼び方の違いはあれ、人気ピーク時に活躍したメンバーの大半は30代を越え結婚。出産、育児で休養期間を挟んでもタレントとして戻り、仕事を続けている。

「バラエティー番組は明石家さんまの人気と話術をもってしても、肝心ないじれるひな壇タレントがいなければ番組は成立しない。男は芸人がたくさんいるが、女性は少ない。“元モー娘。”の肩書で世間に認知されている彼女たちが私生活をしゃべれば需要は増す。不倫を起こした元モー娘。の矢口真里がいまだに起用されるのはスキャンダルを自虐ネタにできるからです」(テレビ関係者)

 今や“元AKB48”も加わり、バラエティー界では欠かせない貴重な戦力は増加傾向にある。元モー娘。の吉澤ひとみ(33=写真)も戦力の一人だった。3年前にIT企業経営者と結婚。すでに2歳になる男児もいる。家事、育児、時々テレビのお仕事と、理想的なママタレ生活だった。タガが緩んだのか、酒気帯び、信号無視、ひき逃げを起こして逮捕された。「自宅で夜中まで2・3杯程度」と供述しているそうだが、朝の7時に基準値の4倍を超える濃度のアルコール量が検出された。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に