二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

安室の代わりはいないがママタレの代わりは次々と現れる

公開日:

「モーニング娘。」が誕生して丸20年が経つ。「脱退」「卒業」と呼び方の違いはあれ、人気ピーク時に活躍したメンバーの大半は30代を越え結婚。出産、育児で休養期間を挟んでもタレントとして戻り、仕事を続けている。

「バラエティー番組は明石家さんまの人気と話術をもってしても、肝心ないじれるひな壇タレントがいなければ番組は成立しない。男は芸人がたくさんいるが、女性は少ない。“元モー娘。”の肩書で世間に認知されている彼女たちが私生活をしゃべれば需要は増す。不倫を起こした元モー娘。の矢口真里がいまだに起用されるのはスキャンダルを自虐ネタにできるからです」(テレビ関係者)

 今や“元AKB48”も加わり、バラエティー界では欠かせない貴重な戦力は増加傾向にある。元モー娘。の吉澤ひとみ(33=写真)も戦力の一人だった。3年前にIT企業経営者と結婚。すでに2歳になる男児もいる。家事、育児、時々テレビのお仕事と、理想的なママタレ生活だった。タガが緩んだのか、酒気帯び、信号無視、ひき逃げを起こして逮捕された。「自宅で夜中まで2・3杯程度」と供述しているそうだが、朝の7時に基準値の4倍を超える濃度のアルコール量が検出された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る