芸能界で三十数年…あの頃に戻りたいとは思わないけれど

公開日: 更新日:

大西結花編<10>

 ことし7月に50歳の誕生日を迎えた。50代。相当大人のイメージを持っていたが、いざ自分がなってみると、30代、40代になったときと大して変わらない。とはいえ、10年後に60歳、さらに10年後には70歳になるのだ。その5年後には後期高齢者である。年月の過ぎるスピードは40代で経験済みだし、この先さらにそれは加速していくだろうから、現実として、目の前に、そうした年齢が迫っていることに驚く。

 老後のことも考え始めている。2012年に結婚した夫がいるが、私たちに子どもはいない。夫は17歳年下ながら、ある意味私より大人で、頼りにしているものの、全てを頼り切るようではいけないなと思っている。自分の世話は自分で。ひとりでもちゃんと生き切る方法を模索している。

 両親も、今のところ元気にしているが、足腰などの衰えは隠しようがない。もしも今後介護が必要となれば、放っておくわけにはいかないし、自分に対しても親に対しても、やりたいこと、してあげたいことをそれができるうちに、と思う。きっともう、そんなに時間もあるわけじゃないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る