芸能界で三十数年…あの頃に戻りたいとは思わないけれど

公開日: 更新日:

大西結花編<10>

 ことし7月に50歳の誕生日を迎えた。50代。相当大人のイメージを持っていたが、いざ自分がなってみると、30代、40代になったときと大して変わらない。とはいえ、10年後に60歳、さらに10年後には70歳になるのだ。その5年後には後期高齢者である。年月の過ぎるスピードは40代で経験済みだし、この先さらにそれは加速していくだろうから、現実として、目の前に、そうした年齢が迫っていることに驚く。

 老後のことも考え始めている。2012年に結婚した夫がいるが、私たちに子どもはいない。夫は17歳年下ながら、ある意味私より大人で、頼りにしているものの、全てを頼り切るようではいけないなと思っている。自分の世話は自分で。ひとりでもちゃんと生き切る方法を模索している。

 両親も、今のところ元気にしているが、足腰などの衰えは隠しようがない。もしも今後介護が必要となれば、放っておくわけにはいかないし、自分に対しても親に対しても、やりたいこと、してあげたいことをそれができるうちに、と思う。きっともう、そんなに時間もあるわけじゃないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る