ヌード前夜は下着を着けずに寝るということも知らなかった

公開日: 更新日:

大西結花編 <8>

 15歳で上京し、二十歳をいくつか過ぎるまで、仕事から仕事へと駆け回った。タレントの「大西結花」で1日24時間、1年365日間を過ごしていた。

 少しほっと一息つけたのが、23か24歳になるくらいの頃。時間を見つけては愛車でひとりドライブした。思い立ったら、ハンドルを握った。行き先は友だちの家とか、思いついた場所など行き当たりばったりで、誰にも見られず、好きな音楽を聴きながら、羽を伸ばせる時間が好きだった。

 バーに飲みに行ったりもした。初めて「飲みに行く」ということに胸が高鳴った。と同時に誰かに見つかったらどうしよう、という気持ちにもなった。成人しているので、お酒を飲むことはいけないことではない。しかし、盛り場に行くような行動自体、アイドルには許されないことのように言われてきたし、なによりもお酒を飲んだことなどないに等しい私が飲みに行くなんて!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る