厳しい監視のもと…公衆電話で10円玉を重ねた初めての恋は

公開日: 更新日:

大西結花編 <7>

 初めての恋は、二十歳をいくつか過ぎてからだ。中学卒業と同時に芸能事務所に所属し、上京して以来、恋愛禁止はこの仕事の必須条件だと言われ、当然のように受け入れていたし、恋愛したくても、歌番組の収録中に男性タレントとちょっと雑談しただけで、マネジャーに「なんの話をしていたの?」と聞かれるほど。親より厳しい監視のもと、自宅に戻っても電話すら自由にできなかった。

 応援してくれるファンと触れ合えるときも、緊張することもあった。握手会では、あるとき手を強く握られた。思わず「痛い」と声が出てしまったが、すぐに離してもらえず、それに気づいたスタッフが駆けつけて離してもらった。ファンの人に悪気があったことではないけど、ちょうどこの頃、先輩アイドルが傷つけられる事件もあり、私も周りもピリピリしていた。まさかのときは、まず顔をガードするようにと言われたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る