厳しい監視のもと…公衆電話で10円玉を重ねた初めての恋は

公開日:  更新日:

大西結花編 <7>

 初めての恋は、二十歳をいくつか過ぎてからだ。中学卒業と同時に芸能事務所に所属し、上京して以来、恋愛禁止はこの仕事の必須条件だと言われ、当然のように受け入れていたし、恋愛したくても、歌番組の収録中に男性タレントとちょっと雑談しただけで、マネジャーに「なんの話をしていたの?」と聞かれるほど。親より厳しい監視のもと、自宅に戻っても電話すら自由にできなかった。

 応援してくれるファンと触れ合えるときも、緊張することもあった。握手会では、あるとき手を強く握られた。思わず「痛い」と声が出てしまったが、すぐに離してもらえず、それに気づいたスタッフが駆けつけて離してもらった。ファンの人に悪気があったことではないけど、ちょうどこの頃、先輩アイドルが傷つけられる事件もあり、私も周りもピリピリしていた。まさかのときは、まず顔をガードするようにと言われたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る