九蔵襲名に海老名香葉子が横やり…ケチが付くと縁起に障る

公開日: 更新日:

 好楽の3番弟子、好の助の九蔵襲名に林家正蔵の母親、海老名香葉子氏から横やりが入った。正蔵が反対したかのように報じたマスコミもあるが、正蔵は母親の代弁者にすぎない。

「若い人の祝い事になんでいちゃもんをつけるのかなあって思いながら、根岸の海老名家へ出向きました。おかみさん(香葉子氏)と3時間くらい話しましたか。ことを分けて説明してお願いしてもわかってもらえませんでした」

 林家九蔵を好楽の弟子が襲名することにどうして香葉子氏が反対したのか。演芸評論家として解説しておこう。

 多分、香葉子氏は、歌舞伎の団十郎の市川家が「市川宗家」であるように、海老名家が「林家宗家」と思い込んでいるのだろう。しかし、落語界は歌舞伎界と違う。同じ林家であっても、一門が違うのだから口をはさむ資格はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  6. 6

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る