• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

先代円楽が熟考した「世の中で一番バカバカしい言葉」とは

 2001年5月、正式に入門した王楽は父親の好楽の弟弟子になった。

「自分の弟子にしなくてよかったです。王楽は師匠に気に入られて、いきなり10席も稽古してもらったんですから。めったに稽古をつけない師匠がですよ」

 好楽の顔がほころんだ。

 先代円楽は短気で、弟子を怒鳴るのが日常茶飯事だったが、好楽の息子の王楽だけは一度も怒られたことがないという。

「まあ、年齢的には孫みたいなもんですから。王楽は我々が恐れ多くて聞けないようなことも平気で尋ねる。そういう屈託のなさがよかったんですかね。ある時、『師匠にとって、世の中で一番バカバカしい言葉ってなんですか?』って聞いたらしい。すると師匠がしばし熟考して、『強いて言えば、許してチョンマゲかな』と真顔で答えたっていう。笑っちゃうでしょ。あたしに言わせりゃ、この師弟の会話こそ一番バカバカしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る