先代円楽が熟考した「世の中で一番バカバカしい言葉」とは

公開日: 更新日:

 2001年5月、正式に入門した王楽は父親の好楽の弟弟子になった。

「自分の弟子にしなくてよかったです。王楽は師匠に気に入られて、いきなり10席も稽古してもらったんですから。めったに稽古をつけない師匠がですよ」

 好楽の顔がほころんだ。

 先代円楽は短気で、弟子を怒鳴るのが日常茶飯事だったが、好楽の息子の王楽だけは一度も怒られたことがないという。

「まあ、年齢的には孫みたいなもんですから。王楽は我々が恐れ多くて聞けないようなことも平気で尋ねる。そういう屈託のなさがよかったんですかね。ある時、『師匠にとって、世の中で一番バカバカしい言葉ってなんですか?』って聞いたらしい。すると師匠がしばし熟考して、『強いて言えば、許してチョンマゲかな』と真顔で答えたっていう。笑っちゃうでしょ。あたしに言わせりゃ、この師弟の会話こそ一番バカバカしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る