この寄席を存続させるのが、あたしの役割だと思ってます

公開日: 更新日:

 好楽の落語家人生はさまざまな挫折を経て現在に至っている。振り返ってみると、今どんな思いがあるのだろうか。

「そうですね。やっぱり彦六、円楽という2人の師匠を持てたのが幸せだったなあ。この2人はよく似てるんです。彦六師匠は『とんがり』とあだ名されるほど怒りっぽい人でしたし、円楽師匠もしょっちゅう切れて怒られた。彦六師匠には23回も破門を宣告されたし、円楽師匠は2度破門の危機がありました」

「笑点」の収録時に、司会者だった円楽から「やめちまえ」と言われ、「やめますよ。やめればいいんでしょ」と反発したことは前述したが、2度目があったとは。

「何が原因だったのか、忘れちゃうくらいささいなことでした。あたしは落語家をやめるつもりで、師匠のお宅へ出向きました。覚悟を決めたあたしの様子を見て、ただ事じゃないと思ったんでしょうね。こっちの意気をかわすような温和な表情で、『ご飯、食べてくかい』と言われたんです。一瞬で懐柔されました。そういうところは師匠にかないません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る