この寄席を存続させるのが、あたしの役割だと思ってます

公開日:

 好楽の落語家人生はさまざまな挫折を経て現在に至っている。振り返ってみると、今どんな思いがあるのだろうか。

「そうですね。やっぱり彦六、円楽という2人の師匠を持てたのが幸せだったなあ。この2人はよく似てるんです。彦六師匠は『とんがり』とあだ名されるほど怒りっぽい人でしたし、円楽師匠もしょっちゅう切れて怒られた。彦六師匠には23回も破門を宣告されたし、円楽師匠は2度破門の危機がありました」

「笑点」の収録時に、司会者だった円楽から「やめちまえ」と言われ、「やめますよ。やめればいいんでしょ」と反発したことは前述したが、2度目があったとは。

「何が原因だったのか、忘れちゃうくらいささいなことでした。あたしは落語家をやめるつもりで、師匠のお宅へ出向きました。覚悟を決めたあたしの様子を見て、ただ事じゃないと思ったんでしょうね。こっちの意気をかわすような温和な表情で、『ご飯、食べてくかい』と言われたんです。一瞬で懐柔されました。そういうところは師匠にかないません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る