城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

太田光は“公人”か 名誉棄損訴訟は2つの重大な問題をはらむ

公開日: 更新日:

 爆笑問題の太田光(53)が、「大学に裏口入学したと虚偽の記事を掲載され名誉を傷つけられた」ということで、損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて提訴した民事裁判で、第1回口頭弁論が開かれた。

 マスコミの報道に対してタレントが訴えを起こすという話はよく耳にするが、今回の訴えは、このまま裁判が進んでいくと、大変な問題を2つ、明らかにしてしまう可能性が高い。

 そもそもの発端は、8月に週刊新潮が報じたものだ。太田の父親が800万円を“裏口入学”のネットワークに支払い、太田が試験前にホテルにカン詰めにされて問題と解答を叩き込まれたという記事だった。日本大学の関係者の証言で構成されていたが、太田側は「事実無根であり、太田の父親はすでに他界していて確認のしようもなく、ホテルにカン詰めにされてもいない。誰がそんな話をしているのか」と主張している。週刊新潮側は「記事は真実と確信。裁判で証明する」と反論している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  8. 8

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る