城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

太田光は“公人”か 名誉棄損訴訟は2つの重大な問題をはらむ

公開日: 更新日:

 爆笑問題太田光(53)が、「大学に裏口入学したと虚偽の記事を掲載され名誉を傷つけられた」ということで、損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて提訴した民事裁判で、第1回口頭弁論が開かれた。

 マスコミの報道に対してタレントが訴えを起こすという話はよく耳にするが、今回の訴えは、このまま裁判が進んでいくと、大変な問題を2つ、明らかにしてしまう可能性が高い。

 そもそもの発端は、8月に週刊新潮が報じたものだ。太田の父親が800万円を“裏口入学”のネットワークに支払い、太田が試験前にホテルにカン詰めにされて問題と解答を叩き込まれたという記事だった。日本大学の関係者の証言で構成されていたが、太田側は「事実無根であり、太田の父親はすでに他界していて確認のしようもなく、ホテルにカン詰めにされてもいない。誰がそんな話をしているのか」と主張している。週刊新潮側は「記事は真実と確信。裁判で証明する」と反論している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る