三田佳子は次男保釈に言及せずも…「清濁併せ持って人生」

公開日:

 艶やかな着物姿で登場したのは、女優の三田佳子(77)。11日に京都・西本願寺で行われた第5回「京都国際映画祭2018」(14日まで)のオープニングセレモニーでのひとコマである。

 次男の高橋祐也被告(38)が覚醒剤取締法違反(使用)で逮捕・起訴されて以来、初めての公の場。同映画祭アンバサダーを全うするかのように、4度目の逮捕&保釈された息子についての言及はなし。重要文化財である南能舞台に上がり、「清濁併せ持って、人生というのはつくられていくのだと、私は身をもってつくづく思う」と発言するにとどめた。

 ラストには「女優として最後までやっていきたい」と締めくくり、私の女優人生にまだまだピリオドは打たせない――そんな並々ならぬ決意を感じさせたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る