新グループ「2020」始動も ジャニーズ内部には数々の火種

公開日: 更新日:

 芸能プロ創設者のなかにはアーティスト出身者もいる。現在の芸能プロの形態をつくった「渡辺プロ」の故・渡辺晋さんはジャズベーシスト。「ホリプロ」の堀威夫氏はバンドマン。「田辺エージェンシー」の田邊昭知氏はGSのドラマーだった。滝沢秀明(36)もそのひとりに名前を連ねることになるが、現役バリバリの俳優業を引退し、育成に専念するのはまれなケースだ。

「大半の事務所は専門家に育成を依頼し最終的な結論は社長らが見極める。ジャニーズはジャニー喜多川社長(86)自らが育成するシステム。滝沢はジャニー氏に直接、育成された経験からジュニアの気持ちも理解できる。その意味では理想的かも」(芸能関係者)

 アイドルを育て続けるジャニー氏の後継者としてふさわしい人物と言えるが、滝沢に託した夢はそれだけではないという。

「ジャニー氏は宝塚を見て研究し、今のジャニーズの舞台をつくった。構成を見ても大階段の舞台設定で、メインになるスターを中央に配置。スター候補のジュニアが脇を固める。まさに宝塚」と演劇関係者が言うように、ジャニー氏の長年の夢は「男版・宝塚」の実現にあったといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る