新グループ「2020」始動も ジャニーズ内部には数々の火種

公開日: 更新日:

 芸能プロ創設者のなかにはアーティスト出身者もいる。現在の芸能プロの形態をつくった「渡辺プロ」の故・渡辺晋さんはジャズベーシスト。「ホリプロ」の堀威夫氏はバンドマン。「田辺エージェンシー」の田邊昭知氏はGSのドラマーだった。滝沢秀明(36)もそのひとりに名前を連ねることになるが、現役バリバリの俳優業を引退し、育成に専念するのはまれなケースだ。

「大半の事務所は専門家に育成を依頼し最終的な結論は社長らが見極める。ジャニーズジャニー喜多川社長(86)自らが育成するシステム。滝沢はジャニー氏に直接、育成された経験からジュニアの気持ちも理解できる。その意味では理想的かも」(芸能関係者)

 アイドルを育て続けるジャニー氏の後継者としてふさわしい人物と言えるが、滝沢に託した夢はそれだけではないという。

「ジャニー氏は宝塚を見て研究し、今のジャニーズの舞台をつくった。構成を見ても大階段の舞台設定で、メインになるスターを中央に配置。スター候補のジュニアが脇を固める。まさに宝塚」と演劇関係者が言うように、ジャニー氏の長年の夢は「男版・宝塚」の実現にあったといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき