大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

「止められるか、俺たちを」映画好きなフーテン女と若松組

公開日: 更新日:

 17日は、若松孝二監督の6回目の命日だった。ついこの間のことのように感じるが、絶妙なタイミングである新作が公開されている。「止められるか、俺たちを」だ。1960年代末から70年代初頭にかけて、監督の製作拠点であった若松プロダクションを舞台にした作品である。

 本作は、若松監督のピンク映画時代の作品を見ている人とそうでない人では、印象がまるで違うだろう。当時の若松作品を支えた才人たち、足立正生、沖島勲、大和屋竺、小水一男、秋山道男、高間賢治、荒井晴彦らの名前を熟知している人は狂喜し、知らない人は「誰それ」ということになる。

 製作側も先刻承知だ。だから本作の主人公は、監督をはじめとするスタッフたちの映画製作の動向をじっくり見ている無名の女性助監督なのである。映画好きなフーテンの若い女性が、体制、権力を相手に闘争本能をむき出しにする男集団に入ったら、いったいどうなるのか。彼女を主人公にしたことで、あることが見えてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る