大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

盗作騒動も味方に 「カメ止め」興収25億円しぶとさの秘密

公開日:

 本欄でどこよりも早く、ヒット状況に触れた製作費約300万円の「カメラを止めるな!」。公開から3カ月が過ぎたが、いまだ週末興行ランキングの10位以内に入っている。興収は何と、ついに25億円を突破してしまった。「ありえない」という言葉を何回いえばいいのだろうか。

 最も驚くべきは、話題性が途切れないことだ。同作品の上田慎一郎監督のマスコミ露出も多く、彼の新作にも注目が集まる。盗作疑惑も出たが、逆に宣伝になった感もある。「カメラを止めるな!」はしぶとい。持続性がある。その根は作品そのものにあると思う。

 リピーターが実に多い。2回目、3回目と見る回数が増えるごとに映画の面白さが増していくからだ。これは作品の構成に要因がある。37分間のゾンビ映画(映像)のあとにつながる別の話の展開を見ながら、観客は最初のゾンビ映画に絶えず思考が引き戻される。現在進行形の映像と最初のゾンビ映画が、いわば二重写しになる。このような形で観客の思考回路を刺激する作品は、これまであまり記憶がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る