大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

盗作騒動も味方に 「カメ止め」興収25億円しぶとさの秘密

公開日: 更新日:

 本欄でどこよりも早く、ヒット状況に触れた製作費約300万円の「カメラを止めるな!」。公開から3カ月が過ぎたが、いまだ週末興行ランキングの10位以内に入っている。興収は何と、ついに25億円を突破してしまった。「ありえない」という言葉を何回いえばいいのだろうか。

 最も驚くべきは、話題性が途切れないことだ。同作品の上田慎一郎監督のマスコミ露出も多く、彼の新作にも注目が集まる。盗作疑惑も出たが、逆に宣伝になった感もある。「カメラを止めるな!」はしぶとい。持続性がある。その根は作品そのものにあると思う。

 リピーターが実に多い。2回目、3回目と見る回数が増えるごとに映画の面白さが増していくからだ。これは作品の構成に要因がある。37分間のゾンビ映画(映像)のあとにつながる別の話の展開を見ながら、観客は最初のゾンビ映画に絶えず思考が引き戻される。現在進行形の映像と最初のゾンビ映画が、いわば二重写しになる。このような形で観客の思考回路を刺激する作品は、これまであまり記憶がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    「心残りはアメリカを見ずに死ぬことさ」と言い残した学徒特攻隊員

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る