大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

盗作騒動も味方に 「カメ止め」興収25億円しぶとさの秘密

公開日: 更新日:

 本欄でどこよりも早く、ヒット状況に触れた製作費約300万円の「カメラを止めるな!」。公開から3カ月が過ぎたが、いまだ週末興行ランキングの10位以内に入っている。興収は何と、ついに25億円を突破してしまった。「ありえない」という言葉を何回いえばいいのだろうか。

 最も驚くべきは、話題性が途切れないことだ。同作品の上田慎一郎監督のマスコミ露出も多く、彼の新作にも注目が集まる。盗作疑惑も出たが、逆に宣伝になった感もある。「カメラを止めるな!」はしぶとい。持続性がある。その根は作品そのものにあると思う。

 リピーターが実に多い。2回目、3回目と見る回数が増えるごとに映画の面白さが増していくからだ。これは作品の構成に要因がある。37分間のゾンビ映画(映像)のあとにつながる別の話の展開を見ながら、観客は最初のゾンビ映画に絶えず思考が引き戻される。現在進行形の映像と最初のゾンビ映画が、いわば二重写しになる。このような形で観客の思考回路を刺激する作品は、これまであまり記憶がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る