大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

放つ言葉の重みと軽み…演技を超えた演技女優「樹木希林」

公開日: 更新日:

 樹木希林さんが亡くなって、まもなく1週間が経つ。この間の報道の大きさに圧倒された。彼女が全く稀有な俳優だということが、広く認識されていたからだろう。美人女優として主役を張る映画やテレビの王道を歩んだ人ではない。演技の深化によって脇から主役クラスへ向かった俳優とも違う。希林スタイルとでもいうしかない独自の俳優人生が、多くの人たちを魅了したのだろう。

 若い時分からの軽妙でユーモア感覚あふれる個性派が、いつの頃か、ある独特の境地に足を踏み入れていった。ときにアドリブにも感じられる軽口や意味深長なセリフ回しが、彼女の生活空間の要所からつむぎ出されたかのようで、それが自然体にも見える演技につながった。彼女が放つ言葉の重みと軽み。演技を超えた演技ともいえる。

 その自然体が家族劇のなかで一層輝いた。是枝裕和監督の「歩いても 歩いても」(2008年)や「海よりもまだ深く」(16年)では、母として祖母として、家族の全体像をときに見守り、ときに突き放したりする。昭和を引きずる「良妻賢母」型ではないが、存在感が圧倒的なのだ。河瀬直美監督の「あん」(15年)では、産めなかった息子の姿を借金まみれの男に重ね合わせ、彼の仕事を助けることになる。「あん」は家族劇ではないが家族を求める話でもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る