大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

「判決、ふたつの希望」 言葉の暴力と肉体的暴力への結論

公開日:

 映画とは、何と凄いものなんだろう。そんな感慨が素直に体に染みわたってくるのが、レバノン映画の「判決、ふたつの希望」だ。都内は1館だけの公開。これが連日満席に近い状況でヒットしている。客層は年配者中心ではあるが、多様なジャンルの作品に関心をもつことができる日本人の感性に安心した。

 レバノン映画と聞いて、小難しい政治劇を連想する人もいようが、全く違う。中東の複雑な人間模様が、ある事件をきっかけに開かれた裁判を経て、国中の大騒動を引き起こしていく。とてもダイナミックな展開で、まるで優れたサスペンス映画のようだった。

 レバノンは多くのパレスチナ難民を受け入れており、本作はレバノン人とパレスチナ人の2人の対立が中心軸となる。その根は宗教の違い、過去の内戦から、現在のわだかまりまで多岐にわたる。2人の軋轢の所在が的確な表現で描かれ緊迫感もあるので、ワクワクしながら見ていられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  9. 9

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  10. 10

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

もっと見る