• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

「判決、ふたつの希望」 言葉の暴力と肉体的暴力への結論

 映画とは、何と凄いものなんだろう。そんな感慨が素直に体に染みわたってくるのが、レバノン映画の「判決、ふたつの希望」だ。都内は1館だけの公開。これが連日満席に近い状況でヒットしている。客層は年配者中心ではあるが、多様なジャンルの作品に関心をもつことができる日本人の感性に安心した。

 レバノン映画と聞いて、小難しい政治劇を連想する人もいようが、全く違う。中東の複雑な人間模様が、ある事件をきっかけに開かれた裁判を経て、国中の大騒動を引き起こしていく。とてもダイナミックな展開で、まるで優れたサスペンス映画のようだった。

 レバノンは多くのパレスチナ難民を受け入れており、本作はレバノン人とパレスチナ人の2人の対立が中心軸となる。その根は宗教の違い、過去の内戦から、現在のわだかまりまで多岐にわたる。2人の軋轢の所在が的確な表現で描かれ緊迫感もあるので、ワクワクしながら見ていられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る