JリーグにMLBも…「DAZN」のスポーツコンテンツは130超

公開日: 更新日:

 今月21日(日本時間)に米ラスベガスで行われた村田諒太の2度目の防衛戦、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトルマッチを独占生中継した「DAZN(ダゾーン)」。

 注目度ナンバーワンの試合にもかかわらず、見ることができたのは地上波テレビではなく、動画配信サービス「DAZN」のみだった。村田の防衛はならなかったが、話題沸騰だった。

「DAZN」を運営するのは、英国に本拠地があるスポーツメディア企業「パフォーム・グループ」。同社は欧州サッカーなど、トップスポーツの試合映像などのデジタル動画の権利を企業間で売買したり、コンテンツを提供するBtoB事業を10年ほど展開してきた。そのノウハウを生かして、2016年からコンシューマー向けのBtoC事業に進出。DAZNというブランドを立ち上げ、同年8月、ドイツ、オーストリア、スイスに次いで日本でもサービスをスタート。その後、カナダ、イタリア、米国が加わり、動画配信による有料のスポーツチャンネルとして現在7カ国で展開している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  6. 6

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  7. 7

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  8. 8

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  9. 9

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  10. 10

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

もっと見る