新作映画のラインナップが豊富「クランクイン!ビデオ」

公開日:

 現在、さまざまな動画配信サービス会社が独自の料金プランやオリジナルのドラマ、バラエティー番組など、独自コンテンツで差別化を目指している。

「クランクイン!ビデオ」はエンタメ情報サイト「クランクイン!」と連動してユーザーを確保するというユニークな手法で展開している。

 運営はマルチメディアの配信を手掛けるブロードメディアの100%子会社ハリウッドチャンネル。もともとブロードメディアグループ内で運営していた動画配信サービス「T’sTVレンタルビデオ」と、「ドラMAXアリーナ」を統合、2015年8月から「クランクイン!ビデオ」として新たにスタートさせた。

 ラインアップは新作映画、ドラマを中心に約1万本。視聴デバイスはテレビ、パソコン、スマホなどだ。

「当社の場合、レンタルビデオ店で新作の棚にある作品が豊富に揃っているといった感覚です。また作品によってDVDがリリースされるよりも先に動画配信で見られるデジタル先行というものもあり、映画館の次のウインドーとして当社のサービスがあると自負しています」(ハリウッドチャンネル メディア編集部部長・山崎義明氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る