BLACKPINKの動画4億回再生…紅白“当落”の台風の目となるか

公開日: 更新日:

 韓国の人気グループ「BLACKPINK」のデビュー曲「BOOMBAYAH(ブンバヤ)」のミュージックビデオ(MV)が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で10月23日に4億回再生を突破した。デビュー曲での突破は韓国アーティストで初。実は5作目と6作目がすでに4億回再生を達成しており、3作の4億回突破は、BTS(防弾少年団)の2回を上回りK―POPグループで最多となる。

 BLACKPINKは、2016年に韓国大手芸能事務所のYGエンターテインメントからデビュー。ジス(23)、ジェニー(22)、ロゼ(21)、リサ(21)の4人組。日本デビューは17年で、その年に武道館でライブを行った。今夏も全国3カ所6公演のアリーナツアーを開催。チケットは即日完売し、人気の高さを見せつけた。

 日韓芸能ジャーナリストの吉岡斗志氏が言う。

「BLACKPINKはBIGBANGの妹分的存在の女性グループです。アイドルの王道ではなくブラックミュージックやR&Bで推しており、アメリカや南米ではTWICEより人気があります。日本や韓国でもTWICEに次ぐ人気です。第2次韓流ブームの少女時代とKARAの関係を彷彿させます。AKB48や乃木坂46では考えられないことですが、中高生の女性ファンが多いのが特徴です。カリスマ性を出し、グループの価値を高めるためにファッション誌には出ますが、アイドル誌には出ません。ファンの前ではニコニコしたり、手を振ったりすることはありませんが、話してみると愛嬌たっぷりのようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る