クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ゴーストライター(2010年、仏・独・英)

公開日: 更新日:

 数々のVIPの自叙伝を執筆したゴーストライターに25万ドルという高額ギャラの仕事が舞い込む。依頼主は元英国首相だが、エージェントから前任ライターは謎の自殺を遂げたと知らされる。

 厄介な仕事に気乗りしなかったが、渋々受諾すると、元首相が住む米東海岸の孤島へ。そんな折、元首相をめぐる国際法違反疑惑で、マスコミ報道が過熱するが、ライターは前任者の資料を調べていくうちに元首相の怪しい過去の一端を知り、前任者の死にも不審を抱く。

 英国政界の元トップの裏で動く謎の力。そこに気づいたことで、ゴーストライターの命は危うくなる。元首相の美人妻は色仕掛けで接近。過去の女性関係を根掘り葉掘り質問。男がどんな関係か表現できないと答えたときのセリフだ。

 そこからの展開は、ゆったりとしながらも一つ、また一つと謎が静かに提示されていく。ラスト、最大の謎に迫ったゴーストライターが車にひかれて死ぬ結末は非常に分かりやすいが、そこに至るまでの見せ方がとにかく見事。さすが、ミステリーの巨匠ロマン・ポランスキーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る