クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ゴーストライター(2010年、仏・独・英)

公開日: 更新日:

 数々のVIPの自叙伝を執筆したゴーストライターに25万ドルという高額ギャラの仕事が舞い込む。依頼主は元英国首相だが、エージェントから前任ライターは謎の自殺を遂げたと知らされる。

 厄介な仕事に気乗りしなかったが、渋々受諾すると、元首相が住む米東海岸の孤島へ。そんな折、元首相をめぐる国際法違反疑惑で、マスコミ報道が過熱するが、ライターは前任者の資料を調べていくうちに元首相の怪しい過去の一端を知り、前任者の死にも不審を抱く。

 英国政界の元トップの裏で動く謎の力。そこに気づいたことで、ゴーストライターの命は危うくなる。元首相の美人妻は色仕掛けで接近。過去の女性関係を根掘り葉掘り質問。男がどんな関係か表現できないと答えたときのセリフだ。

 そこからの展開は、ゆったりとしながらも一つ、また一つと謎が静かに提示されていく。ラスト、最大の謎に迫ったゴーストライターが車にひかれて死ぬ結末は非常に分かりやすいが、そこに至るまでの見せ方がとにかく見事。さすが、ミステリーの巨匠ロマン・ポランスキーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る