SKE48福士出場で注目も…「THE W」しらけムード漂う舞台裏

公開日:

 昨年は、ゆりやんレトリィバァが優勝した女芸人№1決定戦「THE W」。今年は先日2回戦が終わり、準決勝進出者が発表された。

 その中で注目を集めているのがSKE48の福士奈央だ。普段はアイドルの彼女がピン芸人として舞台に立ち、見事に準決勝に駒を進めてみせたのだ。

「ここまで来たら、本気で優勝を狙います」と意気込む福士だが、実は現場はしらけきったムードが漂ったという。ある構成作家がこう語る。

「M―1並みの盛り上がりを目指した昨年ですが、世間の注目度は低い。一番のニュースが昨年、山田邦子さんが出場を辞退した1回戦が始まるということくらい。今年は失敗できない主催者側は話題づくりとして、よほど内容が酷くないかぎり、出場アイドルから1組は準決勝まで進めようということを最初から決めていたそうです。もちろん一生懸命稽古してきた福士さんに罪はありませんが、2回戦の会場もアイドルファンで埋まり、福士さんの出番が終わると一気にガラガラ。あとの出番の芸人は静まり返ったほぼ無観客の舞台で芸をさせられていました。採点はあくまで審査員の評価であり、客入りとお笑いは無関係ですが、あまりにも不公平でしたね」

 興行である以上、ある程度の“ストーリー”も必要かもしれないが、これではアイドルにも芸人にも失礼な大会だと言わざるを得ないのではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る