SKE48福士出場で注目も…「THE W」しらけムード漂う舞台裏

公開日: 更新日:

 昨年は、ゆりやんレトリィバァが優勝した女芸人№1決定戦「THE W」。今年は先日2回戦が終わり、準決勝進出者が発表された。

 その中で注目を集めているのがSKE48の福士奈央だ。普段はアイドルの彼女がピン芸人として舞台に立ち、見事に準決勝に駒を進めてみせたのだ。

「ここまで来たら、本気で優勝を狙います」と意気込む福士だが、実は現場はしらけきったムードが漂ったという。ある構成作家がこう語る。

「M―1並みの盛り上がりを目指した昨年ですが、世間の注目度は低い。一番のニュースが昨年、山田邦子さんが出場を辞退した1回戦が始まるということくらい。今年は失敗できない主催者側は話題づくりとして、よほど内容が酷くないかぎり、出場アイドルから1組は準決勝まで進めようということを最初から決めていたそうです。もちろん一生懸命稽古してきた福士さんに罪はありませんが、2回戦の会場もアイドルファンで埋まり、福士さんの出番が終わると一気にガラガラ。あとの出番の芸人は静まり返ったほぼ無観客の舞台で芸をさせられていました。採点はあくまで審査員の評価であり、客入りとお笑いは無関係ですが、あまりにも不公平でしたね」

 興行である以上、ある程度の“ストーリー”も必要かもしれないが、これではアイドルにも芸人にも失礼な大会だと言わざるを得ないのではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る