ハリウッド版「進撃の巨人」“最強の騎士”リヴァイ役は誰?

公開日:

 ハリウッドで実写映画化されることが明らかになったのは大ヒット漫画「進撃の巨人」。プロデューサーは「ハリー・ポッター」シリーズのデビッド・ハイマン(57)、米人気ドラマ「HEROES/ヒーローズ」でヒロ・ナカムラ役を演じ、「ヤッター!」のセリフが話題となったマシ・オカ(43)ら。メガホンを取るのは、米ホラー映画「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」のアンディ・ムスキエティ監督(45)。公開時期やキャストは未定だという。

 日本ではすでに2015年に三浦春馬(28)主演で初実写映画化され、前・後編が公開された。

「人気漫画の実写化の難しいところだが、前編を見た原作ファンからキャスティングなどに対して批判の声も上がった。後編は前編よりも興収をダウンさせてしまった」(映画ライター)

 ハリウッド版は邦画とは比べものにならないほど予算が潤沢なだけに期待が高まるが、気になるのはあの人気キャラを誰が演じるかだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る