大手CMにも起用の大躍進 ゆりやんレトリィバァの潜在能力

公開日: 更新日:

「調子乗っちゃって!」のネタ通りの活躍だ。ゆりやんレトリィバァ(26)。2月に「NHK上方漫才コンテスト」で女性ピン芸人として初優勝したかと思えば、「R―1ぐらんぷり」でも決勝に進出するなど絶好調。さらに調子に乗って、おいでやす小田と急きょコンビを組み、「M―1グランプリ」にも出場。8月末に行われた1回戦を無事に通過した。

「8月に『週刊文春』で報じられた“替え玉受験騒動”も悪質ではないということで無罪放免。逆に関西大学出身という高学歴が話題になるなど騒動をプラスに転嫁してしまった。これでは調子に乗るなというのが難しいくらい上昇気流に乗っている」(お笑い関係者)

 好調なのは本業だけではない。CMやイベントにも引っ張りダコだ。回転寿司チェーン店の新商品発表会で共演したモデルで女優のすみれに対抗心を燃やし、「“すみレトリィバァ”です。そっくりだから、どっちが本物のすみれかわからないと思います」と言い放ち、すみれに「調子乗っちゃってるんじゃないですか?」と言われたかと思えば、映画「僕のワンダフル・ライフ」の宣伝イベントではアマゾンのCMで人気になったゴールデンレトリバーのゼウス君と共にコスチュームに身を包んで登場。「2人でハリウッドに行けたら……ってこれはわたしの意見なんですけどね。調子乗っちゃって!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る