大手CMにも起用の大躍進 ゆりやんレトリィバァの潜在能力

公開日:

「調子乗っちゃって!」のネタ通りの活躍だ。ゆりやんレトリィバァ(26)。2月に「NHK上方漫才コンテスト」で女性ピン芸人として初優勝したかと思えば、「R―1ぐらんぷり」でも決勝に進出するなど絶好調。さらに調子に乗って、おいでやす小田と急きょコンビを組み、「M―1グランプリ」にも出場。8月末に行われた1回戦を無事に通過した。

「8月に『週刊文春』で報じられた“替え玉受験騒動”も悪質ではないということで無罪放免。逆に関西大学出身という高学歴が話題になるなど騒動をプラスに転嫁してしまった。これでは調子に乗るなというのが難しいくらい上昇気流に乗っている」(お笑い関係者)

 好調なのは本業だけではない。CMやイベントにも引っ張りダコだ。回転寿司チェーン店の新商品発表会で共演したモデルで女優のすみれに対抗心を燃やし、「“すみレトリィバァ”です。そっくりだから、どっちが本物のすみれかわからないと思います」と言い放ち、すみれに「調子乗っちゃってるんじゃないですか?」と言われたかと思えば、映画「僕のワンダフル・ライフ」の宣伝イベントではアマゾンのCMで人気になったゴールデンレトリバーのゼウス君と共にコスチュームに身を包んで登場。「2人でハリウッドに行けたら……ってこれはわたしの意見なんですけどね。調子乗っちゃって!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る