フジ月9では好発進 織田裕二「SUITS」は“脇”がよかった説

公開日:

「“脇”がよかったんじゃないの」(テレビ誌ライター)なんてシニカルな声もある。8日スタートの月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)の話。

 30分拡大版の初回平均視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、前クールの「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の初回を3・6ポイント上回った。低迷がささやかれる月9としては、なかなかの好発進といえるだろう。

「10年ぶりの月9主演の織田裕二(50)と、織田演じる敏腕弁護士の事務所所長役の鈴木保奈美(52)が『東京ラブストーリー』以来、実に27年ぶりの共演! なんて数カ月前から話題づくりに躍起だった割には、ビミョーな数字ですね。SUITSの放送直前に、14年ぶり7回目の東京ラブストーリーの再放送も流し、『街が公衆電話だらけ』なんて驚く若い世代の声がネット上にあふれていたにもかかわらず、物足りない」(前出のテレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る