フジ月9では好発進 織田裕二「SUITS」は“脇”がよかった説

公開日: 更新日:

「“脇”がよかったんじゃないの」(テレビ誌ライター)なんてシニカルな声もある。8日スタートの月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)の話。

 30分拡大版の初回平均視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、前クールの「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の初回を3・6ポイント上回った。低迷がささやかれる月9としては、なかなかの好発進といえるだろう。

「10年ぶりの月9主演の織田裕二(50)と、織田演じる敏腕弁護士の事務所所長役の鈴木保奈美(52)が『東京ラブストーリー』以来、実に27年ぶりの共演! なんて数カ月前から話題づくりに躍起だった割には、ビミョーな数字ですね。SUITSの放送直前に、14年ぶり7回目の東京ラブストーリーの再放送も流し、『街が公衆電話だらけ』なんて驚く若い世代の声がネット上にあふれていたにもかかわらず、物足りない」(前出のテレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る