ギラギラ感が消えて…“お父さん”に変貌した織田裕二の今

公開日: 更新日:

 8日スタートの月9ドラマ「SUITS」(フジテレビ系)で織田裕二鈴木保奈美が27年ぶりに共演する。それに先立ち、再放送された2人の共演作「東京ラブストーリー」は7度目の再放送にもかかわらず大反響を呼んだ。

 織田といえば、かつて、モノマネ芸人の山本高広が、代表作「踊る大捜査線」の名セリフや、目薬のCMで発した「キターッ!!」というセリフを絶叫するモノマネで大ブレークした際、ドラマの制作発表の場で「僕は笑えない」と怒ったことがある。それをきっかけに、2008年に織田の所属事務所が民放各局に“モノマネ禁止令”を通告。以来、織田には“面倒くさい男”のイメージがつきまとい、一時は腫れ物扱いされていたが、最近の織田は柔和になったともっぱらなのだ。

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が言う。

「織田は11年に『キターッ!!』の目薬CMに再登板すると、山本のモノマネを公認まではしなくても黙認することに決めました。同年公開の映画のプロモーションで関西のテレビ局に訪れた時も、織田が現れると、最初はピリピリした雰囲気でしたが、反対にスタッフを気遣って、気さくに話しかけたりして場を和ませていました。噂と全然違うと、その場にいたスタッフ全員が織田の大ファンになったそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る