小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団innerchild主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。フジテレビ系ドラマ「コンフィデンスマンJP」(2018年)の五十嵐役で注目を浴びるもバイト生活継続中。10月期クールでは月9「SUITS/スーツ」(フジ系)に出演、さらなる弾みをつけたいともくろむ44歳。

長澤まさみさんとお寿司に…長く戦ってきたからこそ優しい

公開日:

 前回の「行きつけのお店がない問題」について改めて考えたところ、2軒だけ、心当たりがありました。近所のガストとお台場のバーミヤンです。前回の深イイ話はどこへ! 小手伸也です!

 行きつけエピソードで、今年一番印象的だったのは、長澤まさみさんが連れて行ってくれた都内某所のお寿司屋さん。そこは完全予約制で1日数組限定、その予約も半年先まで常に埋まっており、海外からも多数のファンが押し寄せる超スゴい店(語彙力!)で、長澤さんは「コンフィデンスマンJP」のドラマ終了前から劇場版のクランクインに向けて、「こんな機会もあるかもしれない」と、いち早くこのお店を予約してくださっていた。前回も書きましたが、まさに「おもてなし」の心を常に持っているからこその先回り。本当に尊敬します。

 板長さんが出してくれた海の幸は、どれも味覚がパニックに陥るほどの超絶美味だったわけですが、隣でこれもまた絶品のウニを食べた小日向文世さんが、「僕もこの間スゴいの食べたんだよ!」とおもむろにスマホを取り出し、北海道で食べたというウニ丼の写真を見せながら「これスゴくない? この量!」と喜々として報告してくださるのを見て、この大先輩の屈託のなさもまた尊敬に値すると思いました(板長には謝りました)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る