小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

他人の声も重要な情報源…エゴサーチで蟹江役を追求したい

公開日: 更新日:

 先日電車の中でエゴサーチをしていたら、ツイッターに数秒前の書き込みで「目の前に小手伸也がいる」というつぶやきを発見し、君か? 君なのか? とドギマギしました小手伸也です(あの~、そういう時はむしろ声をかけてくださいね)。

 エゴサーチ、僕は割と「する派」なんですが、芸能人の皆さんの過半数は「しないに越したことはない派」。東出昌大くんは「“エゴサ”で引っかかった偽情報のせいで夫婦喧嘩になりかけた」、鈴木保奈美さんに至っては「(エゴサする)意味が分からない」と、やはり、ネットの風評には距離を取ってしかるべきという意見が多いようです。

 ではなぜ、そんな危険な情報の海に僕が飛び込みたがるかというと、簡単にいえば、悩みたいからです。

 自分が他人からどう思われているのか。その答えを友人知人から聞き出すのは案外難しいもので(酒でも入らない限り)、その半面、「別に知り合いでもないし、つぶやきたいからつぶやく」という、ある意味素直過ぎる赤の他人の意見というのは、リテラシーはさておき、とても重要な情報源だと僕なんかは思うわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

もっと見る