小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

他人の声も重要な情報源…エゴサーチで蟹江役を追求したい

公開日: 更新日:

 先日電車の中でエゴサーチをしていたら、ツイッターに数秒前の書き込みで「目の前に小手伸也がいる」というつぶやきを発見し、君か? 君なのか? とドギマギしました小手伸也です(あの~、そういう時はむしろ声をかけてくださいね)。

 エゴサーチ、僕は割と「する派」なんですが、芸能人の皆さんの過半数は「しないに越したことはない派」。東出昌大くんは「“エゴサ”で引っかかった偽情報のせいで夫婦喧嘩になりかけた」、鈴木保奈美さんに至っては「(エゴサする)意味が分からない」と、やはり、ネットの風評には距離を取ってしかるべきという意見が多いようです。

 ではなぜ、そんな危険な情報の海に僕が飛び込みたがるかというと、簡単にいえば、悩みたいからです。

 自分が他人からどう思われているのか。その答えを友人知人から聞き出すのは案外難しいもので(酒でも入らない限り)、その半面、「別に知り合いでもないし、つぶやきたいからつぶやく」という、ある意味素直過ぎる赤の他人の意見というのは、リテラシーはさておき、とても重要な情報源だと僕なんかは思うわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  6. 6

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  7. 7

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  8. 8

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  9. 9

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  10. 10

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

もっと見る