「ディア・ハンター」ロシアンルーレットを楽しむベトコン

公開日:

1978年、マイケル・チミノ監督

 アカデミー賞5部門を獲得。12月14日(金)から4Kデジタル修復版が全国公開される。

 ストーリーはご存じの通り。ペンシルベニア州の田舎町に住むロシア系移民のマイケル(ロバート・デ・ニーロ)が友人のニック(C・ウォーケン)、スティーブン(J・サベージ)とともにベトナムに出征。ベトコンの捕虜になるが、マイケルの大胆な作戦で窮地を脱出する。だがニックは失踪。ニックの恋人リンダ(メリル・ストリープ)と深い仲になったマイケルは彼を捜してサイゴンに向かうが……。

 見どころはロシアンルーレットを強要される場面だ。スティーブンは恐怖で過呼吸になり、マイケルは叫びながらベトコンを瞬殺する。狂気じみた緊迫感に観客は度胆を抜かれた。

 米兵が犠牲者に描かれているとの批判も起きた。結婚式と鹿狩りが終わると戦場に切り替わる。ベトコンが女子供を手りゅう弾で殺害。ホーチミンの写真を飾ったアジトで捕虜をばくちの道具にする。ニックは精神を病み、スティーブンは両足を失う。チミノ監督はベトコンを極悪人に仕立て上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る