いまだに議論される「シェーン」 ヒーローは死んだのか?

公開日: 更新日:

1953年 ジョージ・スティーブンス監督

 アラン・ラッドの名作。別れのシーンで有名だ。

 ワイオミングの開拓地を訪れたガンマンのシェーン(A・ラッド)はスターレット(バン・ヘフリン)と出会い、農作業を手伝うことに。この地にはライカー兄弟というならず者がいて、スターレットは嫌がらせを受けていた。シェーンは酒場でライカーの子分に言いがかりをつけられ、スターレットとともに多勢に無勢の喧嘩に勝つ。

 ライカーは殺し屋のウィルスン(ジャック・パランス)を呼び寄せ、農民の一人を殺害。スターレットはけりをつけようとするが、シェーンは彼を殴り倒して決闘の酒場に向かうのだった……。

 銃の音に敏感なシェーンは人を撃った経験のある凶状持ちだろう。彼が単身で決闘に臨んだのは堅気のスターレットに銃を抜かせないためだった。だから「人殺しの烙印は一生消せない」と息子のジョーイを諭す。流れ者が悪党をやっつけるのは小林旭「渡り鳥」シリーズ(59年~)と勝新太郎「座頭市」シリーズ(62年~)につながる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  8. 8

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る