いまだに議論される「シェーン」 ヒーローは死んだのか?

公開日: 更新日:

1953年 ジョージ・スティーブンス監督

 アラン・ラッドの名作。別れのシーンで有名だ。

 ワイオミングの開拓地を訪れたガンマンのシェーン(A・ラッド)はスターレット(バン・ヘフリン)と出会い、農作業を手伝うことに。この地にはライカー兄弟というならず者がいて、スターレットは嫌がらせを受けていた。シェーンは酒場でライカーの子分に言いがかりをつけられ、スターレットとともに多勢に無勢の喧嘩に勝つ。

 ライカーは殺し屋のウィルスン(ジャック・パランス)を呼び寄せ、農民の一人を殺害。スターレットはけりをつけようとするが、シェーンは彼を殴り倒して決闘の酒場に向かうのだった……。

 銃の音に敏感なシェーンは人を撃った経験のある凶状持ちだろう。彼が単身で決闘に臨んだのは堅気のスターレットに銃を抜かせないためだった。だから「人殺しの烙印は一生消せない」と息子のジョーイを諭す。流れ者が悪党をやっつけるのは小林旭「渡り鳥」シリーズ(59年~)と勝新太郎「座頭市」シリーズ(62年~)につながる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る