「暗殺のオペラ」ムッソリーニと戦った亡父は誰に殺された

公開日: 更新日:

1970年 ベルナルド・ベルトルッチ監督

 B・ベルトルッチの29歳の意欲作。先週、2K修復版ブルーレイが発売された。

 イタリア北部の町「タラ」の駅にアトス・マニャーニ(ジュリオ・ブロージ)という青年が降り立った。アトスは亡き父の名で、彼はそのまま受け継いだ。亡父はムソリーニのファシスト党と戦い、1936年に暗殺された英雄。土地の人々に敬愛されている。だが老人が多いこの町でアトスは馬小屋に閉じ込められ、何者かに殴打されるなど奇妙な経験をする。

 彼を呼んだのは父の愛人だったドライファ(アリダ・ヴァリ)。彼女の口から父が警告の手紙を受け取りながらオペラ劇場で襲撃されたことを聞かされたアトスは、父のレジスタンス仲間だった3人の男を訪ねる。彼らはその昔、父アトスとともにムソリーニの爆殺を計画した。だがムソリーニが来訪を中止したため計画は失敗。実は何者かが密告したのだ。こうして父の死の謎が解き明かされるのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る