「男と女」大人の心を打つ60年代の一途なメンタリティー

公開日:

1966年 クロード・ルルーシュ監督

 作曲家のフランシス・レイ(86)が死去した。本作は彼の出世作だ。

 カーレーサーのジャン(ジャン・ルイ・トランティニャン)は息子を寄宿舎に送り届けた帰り道、アンヌ(アヌーク・エーメ)という女性をパリまで送る。彼女の夫が映画のスタントマンだと聞いて食事に誘うが、夫は撮影事故で死亡したと告げられる。アンヌの美しさに引かれたジャンは翌週、子供を交えて食事。レース事故で重体になったときに妻が自殺したことを明かし、ラリーに出場する。

 レース後、アンヌから「愛してる」との電報を受け取ったジャンは夜通しハンドルを握って彼女の元に急ぐ。だがベッドで体を合わせながらもアンヌの脳裏には亡き夫の幻影が蘇るばかり。2人の間に風が吹き抜け、ジャンはクルマで、アンヌは列車でパリに戻るのだった……。

 孤独な男女のドラマ。空は一貫して曇天だ。雨滴に打たれながら大きな出来事もなく、2人の心の触れ合いが描かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る