「男と女」大人の心を打つ60年代の一途なメンタリティー

公開日: 更新日:

1966年 クロード・ルルーシュ監督

 作曲家のフランシス・レイ(86)が死去した。本作は彼の出世作だ。

 カーレーサーのジャン(ジャン・ルイ・トランティニャン)は息子を寄宿舎に送り届けた帰り道、アンヌ(アヌーク・エーメ)という女性をパリまで送る。彼女の夫が映画のスタントマンだと聞いて食事に誘うが、夫は撮影事故で死亡したと告げられる。アンヌの美しさに引かれたジャンは翌週、子供を交えて食事。レース事故で重体になったときに妻が自殺したことを明かし、ラリーに出場する。

 レース後、アンヌから「愛してる」との電報を受け取ったジャンは夜通しハンドルを握って彼女の元に急ぐ。だがベッドで体を合わせながらもアンヌの脳裏には亡き夫の幻影が蘇るばかり。2人の間に風が吹き抜け、ジャンはクルマで、アンヌは列車でパリに戻るのだった……。

 孤独な男女のドラマ。空は一貫して曇天だ。雨滴に打たれながら大きな出来事もなく、2人の心の触れ合いが描かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る