「雁の寺」はミステリー映画 虐待坊主はどこに消えたのか

公開日:

1962年 川島雄三監督

 原作は水上勉の直木賞受賞作。寺に預けられてつらい思いをした実体験をもとにしている。

 1933(昭和8)年、京都の寺「孤峯庵」の住職・慈海(三島雅夫)は画家の愛人だった里子(若尾文子)を内縁の妻に迎えた。寺には慈念(高見国一)という13歳の小坊主がいて、彼は自分の出自を知られるのを恐れている。横暴な慈海は慈念の手に縄を結び、寝床から引っ張って呼びつける。里子は虐待を受ける慈念に同情し、体を与えてしまう。

 檀家の一軒に死者が出た日、慈海が行方不明に。慈念によれば、慈海は雲水の旅に出たという。そこで慈念が葬儀を取り仕切るのだが……。

 ミステリー映画だ。慈海はどこに消えたのか。その謎を観客はドキドキしながら見つめる。

 慈海は里子の肉体にのめり込み、色狂いのようにもてあそぶ。慈念の返事が気にくわないと往復ビンタし、食べ物もろくに与えないドケチ。本物の破戒坊主だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る