貴乃花は芸能界からも“三くだり半” TV局や制作会社及び腰

公開日:

 退職、離婚で文字通り裸一貫となった平成の大横綱貴乃花(46)の今後を、元タニマチ筋がこう言って心配している。

「実際問題として無職ですからね。相撲協会の理事だった今年1月の時点で144万8000円あった月給が、その後の理事解任、5階級降格で3カ月足らずの間に一気に80万8000円になったでしょ。あのときも、返済途中であろう都内の自宅(極度額1億8000万円の根抵当権と計2億円の抵当権が設定=9月25日時点)のことも含めて、我々の間で、やっていけるのか? と心配する声が上がりましたが、協会を退職したことでそれすらなくなった。合わせて4000万円程度といわれる協会からの退職金、功労金が入るとはいえ、それも焼け石に水、なんて見方もある。これからの生活を考えれば、固定収入を得なければいけないが、そのアテはあるのだろうか」

■「厄介者は勘弁という雰囲気」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る