林海象監督 TVドラマ初メガホンで描く十津川警部の人物像

公開日:  更新日:

 映画「夢みるように眠りたい」「アジアン・ビート」「我が人生最悪の時」などで知られる林海象監督(60)が、テレビドラマを手掛けた。TBS系「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ」の第7弾、「浜名湖殺人ルート」(10日夜8時放送)の監督だ。その胸中を本紙に語った。

「60歳を過ぎ、今までやっていなかったことに挑戦したい。そう思っていたところ、森下和清プロデューサーに今回のお話を頂いたんです。ことし9月に放送されたシリーズ第6弾には俳優としてゲスト出演させてもらいました。俳優もやりたかったのでうれしかったのですが、短いシーンでもセリフを覚えるのがいかに大変かが分かった。共演のベンガルさんに褒めていただき、お若いメークさんからは『次作撮るんですって? すごいですね、俳優さんが』と言ってもらったんですよ」

 ――テレビドラマはいかがでしたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る